相談(苦情)受付について

相談(苦情)受付システム

社会福祉法第82条の規定により、ゆうあいの郷ではご利用される方、ご家族からの相談(苦情)に対し、適切に対応する体制を整えております。

■特養・デイ・居宅

1.相談(苦情)解決責任者 施設長 石田 稔
2.相談(苦情)受付担当者 (特養)生活相談員 長井 政治郎
(ユニット)生活相談員 長井 政治郎
(デイ)生活相談員 三浦 千輝
介護支援専門員 松永 倫子
3.相談(苦情)対応委員会 全職種より代表の職員にて構成
4.第三者委員 民生児童委員 大脇 實
元浦臼町社会福祉協議会会長 梶川 曻
元揺籃会理事 星 和行

■グループホーム

1.相談(苦情)解決責任者 施設長 清水 瑞枝
2.相談(苦情)受付担当者 計画作成担当者 平岡 あき子
3.相談(苦情)対応委員会 全職種より代表の職員にて構成
4.第三者委員 民生児童委員 大脇 實
元浦臼町社会福祉協議会会長 梶川 曻
元揺籃会理事 星 和行

相談(苦情)解決の流れ

相談(苦情)をお受けしてから、解決までの流れは、次のようになっております。

相談(苦情)を受けてから、解決までのフローチャート
相談(苦情)の発生
相談(苦情)受付担当者への連絡、相談(苦情)内容についての確認
相談(苦情)解決責任者(及び第三者委員)への報告
相談(苦情)対応委員会の招集
関係職員との調整・改善策検討
相談(苦情)解決責任者(および第三者委員)への報告
相談者への報告
改善策の実施・点検

相談(苦情)に関するQ&A

相談(苦情)がある場合は、どうしたらよいのでしょうか。

電話及び書面などにより、随時受け付けております。また、第三者委員へ直接申し出ることもできます。ゆうあいの郷では、談話室など4個所に「ご意見箱」を設置しておりますので、そちらもご利用ください。

受け付けられた相談(苦情)は、どのように報告、確認されるのでしょうか。

受付担当者が相談(苦情)を受付後、解決責任者及び第三者委員へ報告し、内容を確認した後、申し出人に対して受け付けたことを通知いたします。

解決責任者へ報告されたあと、どうなるのでしょうか。

解決責任者が、介護支援専門員、生活相談員、看護婦、事務員等の全職種から代表された職員により構成された、「相談(苦情)対応委員会」を招集します。
相談(苦情)に対して誠意をもって話し合い、適切に解決ができるように努めます。
第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。
1)相談(苦情)内容の確認
2)解決案の調整、助言
3)話し合いの結果や、改善事項等の確認

第三者委員はどんな方なのでしょうか。

第三者委員としては、民生委員・児童委員、税理士、監事等の中立、公正な立場にある方が相談(苦情)解決にあたります。

ゆうあいの郷にて解決できない場合は、どうなるのでしょうか。

ゆうあいの郷で解決できない場合には、「北海道福祉サービス適正化委員会」に申し立てをすることができます。

北海道福祉サービス適正化委員会

060-0002  札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2・7 3F
TEL:011-204-6310
FAX:011-204-6311
メール:tekisei@vesta.ocn.ne.jp

PAGE TOP